FANDOM


きかんしゃトーマス・汽車のえほんの登場キャラクター > きかんしゃトーマス・汽車のえほんの自動車キャラクター

本記事ではレヴランド・ウィルバート・オードリーと息子のリチャード・クリストファー・オードリー(原作27巻から)が作り上げた、イギリスの架空の島ソドー島を舞台に、そこの鉄道網で活躍する機関車や自動車などとそれに関わる人々を描いた絵本『汽車のえほん』(きしゃのえほん、原題・The railway series)と、その映像化作品『きかんしゃトーマス』(きかんしゃとーます、原題・Thomas the Tank Engine & Friends)の内、バスや重機などの自動車キャラクターを扱う。

原作・人形劇両方に登場

テレンス/原作ではテランス (Terence)
農場で働いているトラクター。モデルはキャタピラー・70。色はオレンジ。キャタピラーが付いていてどんな道でも走れるが、トーマスにバカにされたこともあった。トーマスやバーティーを助けたほか、人形劇ではエリザベスも救助した。第5シーズンを最後にしゃべらなくなり、その後は第10シーズンの挿入歌の映像で登場するが、話の中では全く登場しない。その後長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」で、正式に復活した。
バーティー (Bertie)
  • 英国・米国吹き替え- ケビン・フランク(長編第1作)→ルパート・ディガス(第15シーズン-)
  • 日本吹き替え- 緑川光(第1-8シーズン)→川上貴史(第9シーズン-)
トーマスの親友であり、時にはライバルとなるバス。モデルはAEC・リーガル。車体色は赤。トーマスとよく競争するが、実力ではトーマスのほうに軍配が上がる。トーマスの支線の横の道路を走っており、トーマスが走れないときは代わりに乗客を運ぶこともある(初登場初期と第1-4シーズン間に赤い同型機のバスが色々な場面に出てくることが多かったが、バーティーのように顔は無い)。クラクションは初登場初期→第5シーズン以降別の物に変わるが、第8シーズンからはキャロラインの物に代わる。故障は主に顔の周りにあるラジェーターからの煙が出ていることが多かったが、CGになってからはそのラジェーターがないまま煙が上がっていたこともあった。第14シーズンからはその問題が解決され、顔には再びラジェーターが付くようになった。
トレバー (Trevor)
旧型のトラクション・エンジン(蒸気自動車)。モデルはウィリアム&フォスター社製のトラクション・エンジン。車体色は原作では黒だったが、人形劇とクリストファーの新作絵本では緑。名前はオードリー牧師の隣人から。スクラップにされかかったがエドワードに持ち主を探してもらい、牧師さんの果樹園で働くことになった。今でも彼らは心からの親友である 。また時々だが港で働くこともあり、他の農夫にトレバーが貸し出されることもあるようだ。子供達が大好き。初期の頃は目は動かなかったが、第3シーズンから動くようになった。スピンオフ作品や長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」では後ろ姿しか見せていないが、エキストラとして登場した。その後第12シーズンで復活し、CGになってからは第15シーズンで再び復活した。
ジョージ (George)
道路を舗装するスチームローラー。モデルはエーブリング&ポーター社製のスチームローラー。鉄道嫌いで「線路なんか最低だね。道路にしてやる」が口癖。最初はスカーローイ鉄道の線路脇で道路工事をしておりその頃から口の悪さで評判になっていた。1度クランクピンが折れたことがある。その後、サー・ハンデルとやり合って貨車に突っ込み断線させる事故を起こす。新しい道路を作る際に踏切の線路をそのままタールで舗装し道路に変える手抜き工事を行いトーマスを脱線させたり、ダックの貨車を本線に足止めさせてゴードンに跳ね飛ばさせたりと次々に問題を起こすため、ハット卿にお目玉を食らい、謹慎として製材所で1週間木を削る作業を命じられた。その後、第6シーズンの「ジェームスとあかいききゅう」で踏み切りを渡っていたり、第7シーズンの「トビーのふうしゃ」で木を削る作業をしているが一言も喋っていない。第8シーズンからは運転室の屋根が灰色から黒に変更されるが、劇中ではエキストラとして登場する。長編第2作「みんなあつまれ!!しゅっぱつしんこう」では、喋らないが正式に復活した。トレバーと同様、最初の頃は目が動かなかったが、第9シーズンから動くようになった(英米で発売された第9シーズンのDVDの特典ゲームでのみ公開。詳細は「きかんしゃトーマス シーズン毎制作史」の「DVD用特典ゲーム」を参照)。長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」では後ろ姿しか見せていないが、エキストラとして登場した。
キャロライン (Caroline)
クリケット選手が所有する赤いボディの女の子自家用車。モデルはモリス・オックスフォード。スピードを出すのが苦手で、オーバーヒートした際にジョージにバカにされてしまう。その後第8シーズンはマロン駅の駐車場、第9シーズンはブレンダムの港によく停まっているが、動いてはいない。第9シーズン以降から全く登場していない。
バルジー (Bulgy)
赤いボディが自慢の二階建てバス。モデルはAEC・リージェント。鉄道バスと嘘をついた事がある。当初は鉄道を軽蔑しており、ダックとお客を取り合ったことがある。しかし陸橋に引っかかって動けなくなってしまい、前述の嘘の罰で廃車扱いとなりニワトリ小屋になってしまった。数年後のある夏の日、トーマスと エミリーが修理工場に行ってしまったことをきっかけに復活(もちろん心を入れ替えて)するが、古い小屋が懐かしくなったニワトリが乗り込み、翌日車内はパニック状態になった。その後ボディを緑色に塗り替えてハッチを付けバスとして働く傍ら、農家のお手伝いとして野菜を売っている(人形劇内で唯一塗装が変えられたキャラクターである)。その後、第10シーズンではエキストラとして登場したが、ミニストーリーと第12シーズンでは後ろ姿しか見せていないが、塗装を元の赤色に戻され、再びエキストラとして登場した。原作、人形劇ともに同じ型の仲間がいたことがオリバーの発言で判明している。
ソドー・メールバン
郵便屋のトム・ティッパーが所有する郵便配達用の赤いバン。人格はない。また、第8シーズンのミニストーリー内、第9シーズンの「トーマスとこむぎのちから」と第11シーズン、長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」でこれと同型のパン屋専用の白いバンが登場する。
ハット卿セダン
ハット卿の愛車。色は青。人格はない。第1~4シーズンでは同じ青色の違う車が出ていたが、第5シーズンから今のセダンに変わった。尚、原作ではハット卿の車は黄色いオープンカーである。

人形劇オリジナル

オリジナルの重機キャラは第6シーズン(2002年)に多数登場しているが、これはスピンオフ作品を作る構想があった為である。詳細は「きかんしゃトーマス シーズン毎制作史」を参照。

ローリー3兄弟 (Horrid lorries)
3つ子のトラック。モデルはフォーデン社製のトラック。車体色は赤。とてもいばりんぼうで、機関車なんか要らない等と言っていた。ところがローリー・2は崖から転落、ローリー・3は小麦粉の積みすぎで故障、ローリー・1はバックして海に転落という事故を起こしてしまい、あっという間に3台ともお払い箱になってしまう。この事故の後にはパーシーには自分がパーシーにいった言葉と同じく、「煙を吐くくず鉄の塊だーい」、トビーには「あまりお役に立ってないようだな」と、ジェームスには「3台目のトラックが艀で運ばれて来るぞ、あいつどうしたんだ」と笑い混じりに、トーマスには「ぺしゃんこに、えんこに、ドンブラコだ」、と馬鹿にされてしまう。その後は、顔とプレートが外されたローリー3兄弟と同型のトラックが度々登場する。(また、シリーズを追うごとにウェザリングが施されて薄汚くなっている)。その同型トラックは、長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」で再登場した。
ブッチ (Butch)
  • 英国吹き替え- ルパート・ディガス
レッカー車。モデルはスキャメル社製のレッカー車。事故を起こしたローリー・3を(未公開シーンではローリー・1を)救助した。初登場初期は顔がなかったが、第5シーズン最終話中に顔が付いていた。劇場版にも一瞬だけ登場。第9シーズン以降から全く出てこなくなったが、第10シーズンではミニストーリーに登場し、第11シーズンの「トーマスとヨット」からは正式に再登場した。CGになってからはソドー・レスキューセンターの一員となって登場しており、彼の運手席、助手席の両サイドにレスキューセンターのロゴが付いてあり、第15シーズンではレッカー用フックも強力な電磁石に取り替えられていた。また、第15シーズンは初めて喋る。
サンパー (Thumper)
採石場で働くドリル車。車体は赤。岩を切り出すのが仕事。彼が強引に岩を削りだしたため、岩のボルダーが暴走を始めてしまう。
エリザベス (Elizabeth)
年代物の蒸気トラック。モデルはセンティネル・スチーム・ローリー。車体色は赤。長い間農場の納屋に置き去りにされていたが、トーマスが連結棒を折って動けなくなってしまった時、小屋から彼女の声がきこえた際、機関士が彼女を発見。新しい連結棒を届けてくれた。とても気が強く、ちょっと嫌味を言うこともある(しかしその性格は利用しやすく、ラスティーは一度彼女の性格を利用して廃線復帰の手伝いをさせるよう上手く口でのせた)。ハット卿が初めて運転したのが彼女。2人は旧知の仲だったのだ。ハット卿は彼女を以前の美しい姿に塗装し、今ではこの島で幸せに働いている。蒸気を出して走るのだが、製作体制が変わってからはエンジンが普通のトラックと同じになる。第9→10シーズンは全く出てこなかったが、第11シーズンから再登場した。同時にクラクションも第6→第7シーズンのバーティーの物に代わる。
ジャック (Jack)
トーマスの親友で、元気者のホイールローダー。モデルはJCB社製のホイールローダー。車体色は赤。元気で明るく仕事熱心で勇気があるが、未熟なところがあり、張り切りすぎてトラブルを起こすこともある。車体番号は「11」。スピンオフ作品ではパイプ用のトレーラーを運ぶことが出来る。また、彼にはクラクションが付いていることが分かる(音はキャロラインと同じ)。長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」ではトーマスとの仲の良さが変わらなかったものの、マックスとモンティーを叱ることが出来るようになっていた。その後、第12シーズンにも登場する。
アルフィー (Alfie)
ジャックの親友で小型のパワーショベル。車体色は緑。ジャックに仕事の楽しさを教える。車体番号は「12」。スピンオフ作品ではオリバーが解体していた建物に取り残されていた子猫を助けた事がある。長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」や第12シーズンで再登場した(ただし、台詞はない)。
オリバー (Oliver)
工事現場で働く大型のパワーショベル。キャタピラ式。スピンオフ作品ではシャベルの部分をドリルや鉄球、クラッシャ(圧砕機)に取り替え可能。マックスに土砂を入れている時一度恐竜の化石を見つけたことがある。また、彼専属のオペレーターが出てくる。しかし話ごとに違うオペレーターが出てくるため、誰が彼のオペレーターなのか見分けるのが困難(そのうちの一人が主任に似ている)。 車体番号は「14」。長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」で再登場した(ただし、台詞はない)。
マックス (Max)
工事現場で働く乱暴なダンプカー。みんなのガキ大将的存在。スピンオフ作品では双子のモンティーとよく事故を起こすらしい。事故をおこしても、モンティーと「自分のせいではない」といって逃げていく。車体番号は「15」。長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」で再登場した(ただし、台詞はない)。
モンティー (Monty)
マックスと双子のダンプカー。彼もマックスと同じくみんなのガキ大将的存在だが、パトリックと衝突事故になりかけた時は少々心配気味の様子だった。車体番号は「16」。スピンオフ作品「On Site with Thomas」、「Thomas' Trusty Friends」、長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」に登場(ただし、台詞はない)。
ケリー (Kelly)
背高のっぽのクレーン車。いつもイザベラと一緒にいる。強風のとき、イザベラを助けたことがあり、ジャックのよき理解者でもある。スピンオフ作品では彼専属のオペレーターが出てくる。車体番号は「17」。また、長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」の挿入歌の映像で登場した。
バイロン (Byron)

力持ちのブルドーザー。車体色は黄色。工事現場で働く仲間。車体番号は「18」。スピンオフ作品では自分の仕事ぶりを誰か見てほしいと思っているが、誰も見ていないと悲しかったが、泥にはまったアルフィーを助けた事で、彼はみんなから自分の仕事ぶりを見てもらうことが出来た。

ネッド (Ned)
蒸気ショベルカー。気は小さく脳天気な性格。大きなシャベルを持っており、時々砂利を多く入れすぎるため、マックスに文句を言われることがある。困ったときの友達の話では橋の要石をアームにぶつけて落とす事故を起こした。ジャックに濡れ衣をかぶせられたことがある。車体番号は「19」。スピンオフ作品では第6シーズン同様、主任の言うことをよく聞いていて、ビルの解体作業をしてみたいと思っている。第6シーズンとスピンオフ作品では側面の柄が変わっている。長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」で再登場した(ただし、台詞はない)。
イザベラ (Isabella)
エリザベスと同じ形の工事現場で働く女の子の蒸気トラック。生意気だが、本当は優しい。車体番号は「22」。スピンオフ作品では泥だらけになるのが嫌だったが、そうなりながらも燃料を切らしたみんなの為に新しい燃料を運んだ。
パトリック (Patrick)
コンクリートミキサー車で威張りや。自分が大事な仕事をしているといつも思っているが、そのことで他の仲間達の頭を悩ませてしまう(しかし本人は知らない)。その後、マックスとモンティーとの衝突事故を避けたものの、誤って道路に出てしまい、自分が貯めたコンクリートの中に突っ込んでしまう。車体番号は「23」。スピンオフ作品「On Site with Thomas」のみ登場。
バスター (Buster)
ジョージと同じ形のスチームローラーだが、顔が大きい。彼の運転手はヘルメットではなく、常に普通の作業帽。マックスとモンティーに絡まれることがあったが、気にすることはない。
英米版の初登場話「On Site with Thomas」では、一度も喋っていなかったが、「Thomas' Trusty Friends」では彼が喋る機会が多くなった(その際はグラウンドに出来たモグラの穴を塞ぐため頑張って働いたり、トーマスに乗って運ばれているときに見た夢が実現したりした(また、ネルソンに運ばれることもある))。スピンオフ作品「On Site with Thomas」、「Thomas' Trusty Friends」、長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」では再登場(ただし、台詞はない)。
ネルソン (Nelson)
黒色の輸送トレーラー。「On Site with Thomas」で初登場。「Thomas' Trusty Friends」では後ろには小さなウィンチが付いており 、仲間を輸送する際はいつも平たいトレーラーを付けている。専属のオペレーターもいる。いつも仲間を運んでばかりの毎日だが、たまには自分が運ばれてみたいといった夢を持っている。そしてパーシーが引く荷台に乗り実現した。 車体番号は「10」。スピンオフ作品「On Site with Thomas」、「Thomas' Trusty Friends」に登場。
マージ (Madge)
黄緑色の小型輸送トレーラー。性別は女性。ネルソン同様小さなウィンチや平たいトレーラーを付けている(主に荷物を乗せる為だけにあるが、機関車を輸送する際は平たいトレーラーに線路が敷かれる)。スカーロイとレニアスに泥をぶちまけた。
第11シーズンで初登場。冗談好きで調子に乗りやすい性格。ダンカンを輸送した際に調子に乗りすぎて崖に落ちそうになったことがある。また、村のパレードの時は主に荷台の上にブラスバンドを乗せている。長編第3作「トーマスをすくえ!! ミステリーマウンテン」ではトーマスが古い町を見つけたことを踏切にいたマイティマックに伝えている。
ケビン(kevin)
  • 英国吹き替え- マット・ウィルキンソン
  • 米国吹き替え- ケリー・シェール
  • 日本吹き替え- 河杉貴志

詳細はきかんしゃトーマス 伝説の英雄を参照

フリン(Flynn)
  • 英国・米国吹き替え- ルパート・ディガス
長編第6作「Day of the Diesels」から登場。大型の赤い消防車。線路の上を走ることもできる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki