FANDOM


概要 編集

『きかんしゃトーマス』シリーズの長編第9作であり、CG長編第6作。マテル傘下としてのヒット・エンターテインメント及びCG制作会社アーク・プロダクションによる長編作品としては2作目。

主題歌は「Let's Be Brave」で歌い手はケイシー・マニアーカとテリー・トンプキンズ。また挿入歌に「怪物(モンスター)のうた」(Monsters Everywhere)、「勇気をくれる友達」(Tale of the Brave)。歌い手は前者が劇伴担当で同曲の作曲者でもあるロバート・ハーツホーン、後者はサム・ブリューイット。日本吹き替え版では両方とも竹内浩明と渕上祥人が担当。

あらすじ 編集

トーマスの支線が工事のために一時閉鎖され、トーマスは助っ人としてビルやベンの働くクレイ・ピッツに送られた。そんな時、トーマスはクレイ・ピッツで謎の巨大な足跡を発見するも、地すべりによってその足跡を見失ってしまう。

翌日、トーマスはパーシーに昨日見た足跡のことを話す。それがソドー島に住むモンスターが残したものだと信じて疑わないパーシーは怯えながら走り出し、やがて奇妙なものに遭遇する…。

地名 編集

クレイ・ピッツ(Sodor China Clay Pits)
ブレンダムの港の近くにある陶土採掘場。ソドー陶土会社の本拠地で、ビル、ベン、ティモシー、マリオンが働いている。トーマスはこの場所で謎の足跡を見つける。
第3シーズン以来久々の登場。
スクラップ置き場(Crocks Scrap Yard)
ウェルズワースのエドワードの支線沿いにあるスクラップ置き場。レッジが働いている。ジェームスはここへ貨車を運びに行くよう命じられる。
かつて、エドワードがトレバーと出会った場所。
クレイ・ピッツと同様に第3シーズン以来久々の登場。

登場キャラクター 編集

本作では長編映画の常連であるトビーやビクターが未登場。

蒸気機関車 編集

トーマス
英国吹き替え - ベン・スモール
米国吹き替え - マーティン・シャーマン
日本吹き替え - 比嘉久美子
主人公の青い小型タンク機関車。
支線が閉鎖されている間クレイ・ピッツへ手伝いに行くことになるが、そこで巨大な足跡を発見。後にそのことを親友のパーシーに話すが、そこから少しずつ親友との確執が生じ始める。
パーシー
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - マーティン・シャーマン
日本吹き替え - 神代知衣
本作のもう一人の主人公である緑の小型タンク機関車。
トーマスから聞いたクレイ・ピッツの足跡をモンスターのものと思い込み、疑心暗鬼になりながら働いている中でゲイターと出会う。やがて彼との親交を深めていくが、同時にトーマスとの友情に変化が生まれる。
ジェームス
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 江原正士
本作のもう一人の主人公である赤い中型テンダー機関車。
モンスターを恐れるパーシーを怖がりだと嘲笑うが、一方で自分が怖がりだと思われることをとても嫌っており、そのためパーシーに悪質な悪戯を仕掛ける。客車を牽くべき自分が貨車を牽かなければならないことに不満を持っている。
ビル
英国・米国吹き替え - ジョナサン・ブロードベント
日本吹き替え - 下屋則子
黄色い双子の小型タンク機関車。
クレイ・ピッツで働いておりとにかく他の機関車をからかうのが好きだが、時に仲間のピンチを救う勇気も持っている。
ベン
英国・米国吹き替え - ジョナサン・ブロードベント
日本吹き替え - 下屋則子
黄色い双子の小型タンク機関車。
クレイ・ピッツで働いておりとにかく他の機関車をからかうのが好きだが、時に仲間のピンチを救う勇気も持っている。
ゴードン
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 三宅健太
青い大型テンダー機関車。
ヘンリー
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 金丸淳一
緑の大型テンダー機関車。
本作では一時メインランドに出張する。
エドワード
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ウィリアム・ホープ
日本吹き替え - 佐々木望
青い中型テンダー機関車。
エミリー
英国吹き替え - テレサ・ギャラガー
米国吹き替え - ジュール・デ・ヨング
日本吹き替え - 山崎依里奈
深緑の中型テンダー機関車。
ポーター
英国吹き替え - スティーブ・キンマン
米国吹き替え - デヴィッド・メンキン
日本吹き替え - 金丸淳一
灰緑の小型タンク機関車。
ソルティーやクランキーと共にブレンダムの港で働いている。

新キャラクター 編集

ゲイター
英国・米国吹き替え - クライヴ・マントル
日本吹き替え - トシ
黄緑の大型タンク機関車。
一時的にソドー島で働くためにやって来た。本名はジェラルドだが、高い山で働くために設計された低く傾斜したボディーとその色がワニ(アリゲイター)に似ていることからゲイターの通称で呼ばれ、彼自身その名を気に入っている。パーシーと初めて出会って以降、少しずつ親しくなっていく。
通常のテレビシリーズ及び地上波放送版では田尻浩章が声優を務めている。
ティモシー
英国・米国吹き替え - ティム・ウィットノール
日本吹き替え - タカ
青い小型タンク機関車。
クレイ・ピッツで働いていて職場のリーダー的存在だが、ビルとベンによくからかわれる。少し特殊な重油燃焼式機関車。
通常のテレビシリーズ及び地上波放送版では岩端卓也が声優を務めている。
マリオン
英国・米国吹き替え - オリヴィア・コールマン
日本吹き替え - 森千晃
橙茶色い蒸気ショベル機関車。
クレイ・ピッツで働いており、掘ることや歌うことが大好き。また話好きでもあり、話の種になるようなお宝に目がない。

ディーゼル機関車 編集

ソルティー
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 石野竜三
赤い小型ディーゼル機関車。
ポーターやクランキーと共にブレンダムの港で働いている。

客車 編集

アニー
英国・米国吹き替え - テレサ・ギャラガー
日本吹き替え - 吉岡さくら
トーマスが牽くオレンジの客車。
クララベル
英国・米国吹き替え - テレサ・ギャラガー
日本吹き替え - 吉岡さくら
トーマスが牽くオレンジの客車。

自動車 編集

ケビン
英国吹き替え - マット・ウィルキンソン
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 河杉貴志
黄色い小型クレーン車。
ソドー整備工場でビクターの助手をしている。

クレーン 編集

クランキー
英国吹き替え - マット・ウィルキンソン
米国吹き替え - グレン・ウレッジ
日本吹き替え - 黒田崇矢
灰緑のクレーン。
ブレンダムの港でソルティーやポーターと共に働いている。物語終盤ではひょんなことから災難に見舞われる。

新キャラクター 編集

レッジ
英国・米国吹き替え - ティム・ウィットノール
日本吹き替え - 三宅健太
黄色いクレーン。
ウェルズワースのスクラップ置き場で働いており、陽気で皮肉屋。スクラップを積み上げて作品を作るのが得意。

人物 編集

トップハム・ハット卿
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 田中完
ソドー鉄道の局長。前述の地すべりの翌朝に機関車達を集め、トーマスを救ったビルとベンを賞賛した。
ノランビー伯爵
英国・米国吹き替え - マイク・グレイディ
日本吹き替え - 鈴木清信
現在ウルフステッド城に住むソドー島の伯爵。今回はお城ではなく一般人としてタウンホールに来る。

脇役キャラクター 編集

以下のキャラクターは台詞なし・カメオ出演。
ダック
オリバー
ロージー
スタンリー
スタフォード
ロッキー

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki