FANDOM



概要 編集

2015年にリリースされたCGアニメーションのDVD作品。日本では2016年4月に公開予定。

あらすじ編集

ふざけすぎたトーマスはゴードンの急行客車を脱線させてしまい、トップハム・ハット卿に叱られ、罰として新しい支線の工事を手伝う事になる。その途中で大きな穴に落ち、そこで大きな海賊船を目撃した。そんな時スキフと彼の持ち主である船乗りのジョンが来島し、トーマスは彼と宝探しの旅に出かける。

登場キャラクター編集

蒸気機関車 編集

トーマス
英国吹き替え - ジョン・ハスラー
米国吹き替え - ジョセフ・メイ
日本吹き替え - 比嘉久美子
主人公の青い小型タンク機関車。
自分の支線が鉄道で最も重要だと信じる自惚れ屋として描かれている。
客車を脱線させた罰として新しい支線の建設を手伝うため派遣されることになる。途中誤って深い洞窟へ転落してしまい、そこで古い小さな海賊船を発見する。
マリオン
英国・米国吹き替え - オリヴィア・コールマン
日本吹き替え - 森千晃
本作のもう一人の主人公である橙茶色い蒸気ショベル機関車。
普段はクレイ・ピッツなどで働いているが、本作では新しい支線の建設を手伝っており、掘削中にとある箱を発掘する。
非常に思い込みが激しくレックス、マイク、バートら小さな機関車たちを魔法の機関車だと信じ込んだり、パワーショベルのオリバーを蒸気機関車のオリバーと同一であると勘違いをする。また、トーマス、ドナルド、アルフィー、そしてパワーショベルのオリバーにショベルの中身を当てるクイズを出したりもした。
ゴードン
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 三宅健太
青い大型テンダー機関車。
威張り屋で小さなトーマスを見下しており、それがきっかけで調子に乗ったトーマスが自分の客車を脱線させてしまう。また、夜中に急行列車を牽いている際、スキフと船乗りのジョンを追跡しているトーマスと衝突しそうになる。
ヘンリー
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 金丸淳一
緑の大型テンダー機関車。
臆病な性格で描かれており、真夜中に遭遇して以来スキフを幽霊船と思い込み彼から逃げ惑う。
トビー
英国吹き替え - ロブ・ラックストロー
米国吹き替え - ウィリアム・ホープ
日本吹き替え - 坪井智浩
茶色い小型路面機関車。
冒頭でバーティーと競争中のトーマスと衝突しそうになる。その翌日信号を無視して走るトーマスに注意を促す。
エドワード
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ウィリアム・ホープ
日本吹き替え - 佐々木望
青い中型テンダー機関車。
ロッキーが洞窟で海賊船を発見したことを修理中のトーマスに伝える。
ジェームス
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - ロブ・ラックストロー
日本吹き替え - 江原正士
赤い中型テンダー機関車。
寝坊したトーマスやスキフに脅えるヘンリーをからかう。
パーシー
英国吹き替え - キース・ウィッカム
米国吹き替え - クリストファー・ラグランド
日本吹き替え - 神代知衣
緑の小型タンク機関車。
寝坊したトーマスをからかう。ライアンが新しい支線の建設を手伝うことになった際、トーマスの支線でライアンの代わりを務めたらしい。
ダック
英国・米国吹き替え - スティーブ・キンマン
日本吹き替え - 鈴木清信
黄緑の小型タンク機関車。
久しぶりに姿を現したドナルドとダグラスに会い感激する。その後ロッキーと共に支線の開通式に出席した。
ドナルド
英国・米国吹き替え - ジョー・ミルズ
日本吹き替え - 津久井教生
黒い双子の中型テンダー機関車。
マリオンにショベルの中身を当てるクイズを出される。その後、支線を建設するため線路と枕木を運んでいる途中、罅の入った地面の上で事故を起こしそうになる。終盤では支線の開通式に出席した。
ダグラス
英国・米国吹き替え - ジョー・ミルズ
日本吹き替え - 津久井教生
黒い双子の中型テンダー機関車。
双子のドナルドと共に支線を建設するため主に線路と枕木を運ぶ。終盤では支線の開通式に出席した。
オリバー
英国・米国吹き替え - ジョー・ミルズ
日本吹き替え - 小田柿悠太
黄緑の小型タンク機関車。
支線の建設を手伝うため主に砂利を運んでいる。終盤ではトードと共に支線の開通式に出席した。
ビル
英国・米国吹き替え - ジョナサン・ブロードベント
日本吹き替え - 下屋則子
黄色い双子の小型タンク機関車。
スキフに脅えるヘンリーをからかう。
ベン
英国・米国吹き替え - ジョナサン・ブロードベント
日本吹き替え - 下屋則子
黄色い双子の小型タンク機関車。
スキフに脅えるヘンリーをからかう。
エミリー
英国吹き替え - テレサ・ギャラガー
米国吹き替え - ジュール・デ・ヨング
日本吹き替え - 山崎依里奈
深緑の中型テンダー機関車。
洞窟に落ちて故障したトーマスをソドー整備工場へ送り届ける。
ビクター
英国・米国吹き替え - デヴィッド・デベラ
日本吹き替え - 坂口候一
ソドー整備工場で働く赤い小型タンク機関車。洞窟へ落ちて故障したトーマスを慰める。

新キャラクター 編集

ライアン
英国・米国吹き替え - エディ・レッドメイン
日本吹き替え - DAIGO
新しくソドー島にやってきた紫の大型タンク機関車。
トーマスが新しい支線の建設を手伝う間彼の支線で代理を務め、それがきっかけでトーマスの機嫌を損ねることになるが、本人は愛想がよく親切な性格。危険に直面するとパニックを起こす傾向があり、事情を知らない周囲から誤解を招きやすい。

ちんまり鉄道 編集

新キャラクター 編集

マイク
英国・米国吹き替え - ティム・ウィットノール
日本吹き替え - 坪井智浩
アールズデール鉄道で働くとても小さな赤い小型テンダー機関車。これまでは原作にしか登場しなかったが、今作からテレビシリーズに登場。
怒りっぽく傲慢な性格。自分たちを魔法扱いするマリオンを毛嫌いしている。また、ハット卿に罰を与えられてショックを受けたトーマスに、挿入歌の「Never Overlook a Little Engine」を他の機関車と共に歌う。更に、追跡の場面では、ライアンの叫び声とトーマスの汽笛に気づき、同時に船乗りのジョンが彼らを差別したが、レックスが「Quick! Give us a push!!(=急げ!みんなで押すぞ!)」と言った時には、真剣でとても勇敢そうだった。
レックス
英国・米国吹き替え - トム・ストートン
日本吹き替え - 小田柿悠太
アールズデール鉄道で働くとても小さな緑の小型テンダー機関車。これまでは原作にしか登場しなかったが、今作からテレビシリーズに登場。
劇中ではマイクをからかう場面が多い。また、ハット卿に罰を与えられてショックを受けたトーマスに、挿入歌の「Never Overlook a Little Engine」を他の機関車と共に歌う。追跡の場面では、ライアンの叫び声とトーマスの汽笛に気づき、同時に船乗りのジョンが彼らを差別したが、「Quick! Give us a push!!(=急げ!みんなで押すぞ!)」と言った時には、真剣でとても勇敢そうだった。
バート
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 酒巻光宏
アールズデール鉄道で働くとても小さな青い小型テンダー機関車。これまでは原作にしか登場しなかったが、今作からテレビシリーズに登場。
上記鉄道最古の機関車でやや賢く落ち着いた性格。また、ハット卿に罰を与えられてショックを受けたトーマスに、挿入歌の「Never Overlook a Little Engine」を他の機関車と共に歌う。追跡の場面では、ライアンの叫び声とトーマスの汽笛に気づき、同時に船乗りのジョンが彼らを差別したが、レックスが「Quick! Give us a push!!(=急げ!みんなで押すぞ!)」と言った時には、真剣でとても勇敢そうだった。

ディーゼル機関車 編集

デイジー
英国・米国吹き替え - テレサ・ギャラガー
日本吹き替え - 根本圭子
黄緑の最新型ディーゼル気動車。
終盤で支線の開通式に出席し、ハーウィック線で旅客列車として働くことを明かす。
ソルティー
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 石野竜三
赤い小型ディーゼル機関車。
本作では消えた海賊とその幽霊船に関する話をエドワード、ヘンリー、ジェームス、ポーターに語る。

客車・貨車 編集

アニー
英国・米国吹き替え - テレサ・ギャラガー
日本吹き替え - 吉岡さくら
トーマスが牽引するオレンジの客車。
本作ではライアンにも牽引されることになりクララベルと共にトーマスを恋しがる。
クララベル
英国・米国吹き替え - テレサ・ギャラガー
日本吹き替え - 吉岡さくら
トーマスが牽引するオレンジの客車。
新しい支線が建設されることによってトーマスの支線が閉鎖されるのではないかと不安を覚える。
ヘンリエッタ
日本吹き替え - 根本圭子
トビーが牽引しているオレンジの客車。
トード
英国・米国吹き替え - ジョー・ミルズ
日本吹き替え - 河本邦弘
オリバーが牽引する灰色のブレーキ車。
マイク、レックス、バートと初めて出会うマリオンに彼らを紹介する。

自動車 編集

バーティー
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 酒巻光宏
赤いバス。
相変わらずトーマスとの競争は健在で冒頭で彼と競争するがパワーショベルのオリバーに行く手を阻まれてしまう。
ジャック
英国吹き替え - スティーブ・キンマン
米国吹き替え - デヴィッド・メンキン
日本吹き替え - 根本圭子
赤い小型ホイールローダー。
アルフィー
英国・米国吹き替え - ネイサン・クラーク
日本吹き替え - 竹内恵美子
緑の小型パワーショベル。
オリバー
英国・米国吹き替え - ティム・ウィットノール
日本吹き替え - 小田柿悠太
茶色い大型パワーショベル。
ケビン
英国吹き替え - マット・ウィルキンソン
米国吹き替え - ケリー・シェイル
日本吹き替え - 河杉貴志
ソドー整備工場でビクターの助手を務める黄色い小型クレーン車。

編集

新キャラクター 編集

スキフ
英国・米国吹き替え - ジェイミー・キャンベル・バウアー
日本吹き替え - 河杉貴志
白いイーストポート・プラム。
船乗りのジョンが所有する陽気でポジティブな小型のシーカヤックで、決してジョンを善くは思っていないにもかかわらず純粋に彼を友人と認識している。宝物の捜索中トーマスと出会い仲良くなる。また、劇中ではヘンリーに幽霊船だと思いこまれる。
本体はボート部分で、地上ではシャーシの上に取り付けられており線路の上も走行が可能。但しエンジンを持たないため風がないと自走できない。

クレーン 編集

クランキー
英国吹き替え - マット・ウィルキンソン
米国吹き替え - グレン・ウレッジ
日本吹き替え - 黒田崇矢
灰緑のクレーン。

人物 編集

トップハム・ハット卿
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 田中完
ソドー鉄道の局長。
急行客車を脱線させたり洞窟から落ちたトーマスを厳しく叱る(怒鳴り散らす)も、本当は大切な存在と思っているようだ。終盤では、トーマスに謝った。
警察官
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 河本邦弘
大柄な警察官。
船乗りのジョンを逮捕するため活躍する。
ソドーブラスバンド
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 鈴木清信
行事の度にやってくる楽団。
港町で演奏中、ドナルドとダグラスによって町を横切っていく海賊船を見て驚く。

新キャラクター 編集

船乗りのジョン
英国・米国吹き替え - ジョン・ハート
日本吹き替え - 坂口候一
水兵風の格好をした元海軍の男性。
スキフとともに行動する。わがままで強欲というスキフとは正反対の性格の持ち主。宝物を捜索中トーマスと出会い仲良くなるが実は、彼らを利用してお宝を独り占めしようとしている。最後は、キャプテンに乗って駆けつけた警察官にあっけなく逮捕された。
ダイバー
英国・米国吹き替え - キース・ウィッカム
日本吹き替え - 石野竜三
海に潜って沈んだ物を探す人。終盤で船乗りのジョンが海に落とした宝箱をキャプテンと回収する仕事をしていた。

脇役キャラクター 編集

以下のキャラクターは台詞なし・カメオ出演。
ロージー
ピンクの小型タンク機関車。
スタンリー
銀色の小型タンク機関車。
マリオンとパワーショベルのオリバーの横を通過した時、初めてその地面に罅が入った。
ポーター
灰緑の小型タンク機関車。
ヘンリーがスキフに遭遇した翌朝、その話を聞いてゾッとしたかのような顔をしていた。
サムソン
灰緑の小型タンク機関車。
ディーゼル
黒い小型ディーゼル機関車。
メイビス
黒い小型ディーゼル機関車。
ロッキー
赤い大型クレーン車。
洞窟からトーマスを引き上げた後、洞窟に眠る海賊船を発見し吊り上げる。終盤ではダックに牽引され支線の開通式に出席した。
マックス
赤いダンプカー。
今回は台詞が無いが、新しい支線の建設を手伝っている。
モンティー
赤いダンプカー。
今回は台詞が無いが、新しい支線の建設を手伝っている。
キャプテン
黄色と青い救命ボート。
警察官を乗せて船乗りのジョンの所へ向かう。その後、船乗りのジョンが海に落とした宝箱を回収する仕事をするダイバーを手伝っていた。
トップハム・ハット卿夫人
トップハム・ハット卿の妻。
トップハム・ハット卿のお母さん
トップハム・ハット卿のお母さん。
スティーブン・ハット
トップハム・ハット卿の孫。
ブリジット・ハット
トップハム・ハット卿の孫。
ノランビー伯爵
現在ウルフステッド城に住むソドー島の伯爵。
ほっそり牧師
原作者ウィルバート・オードリー牧師本人。
トロッターさん
ソドー島在住の農夫。
野鳥観察者
野鳥を観察する男性。
キャプテン・カリエス
16世紀に活躍していた黒ひげを生やした海賊の船長。
消えた海賊として知られており、その昔、他の海賊に見つからないようアールズバーグ付近の入り江に自分の海賊船と宝箱を隠したと伝わる。

トリビア 編集

  • 極端に小さなボディーを表現できないという技術上の制約がなくなったため、アールズデール鉄道(ちんまり鉄道)で働く三台の機関車が原作からテレビシリーズに進出した。
  • ドナルドダグラスデイジー、アルフィー、オリバー(パワーショベル)、マックス、モンティーがCGシリーズで復活した。
  • 第8シーズン『トーマス、きゅうばをすくう』以来、久しぶりに客車の脱線事故が起きる。また、第19シーズン『やまのむこうがわ』に続き、トーマスのボディがグシャグシャになる。
  • 警察官が第4シーズン以来復活した。
  • 初めて陥没事故が起きる。
  • シリーズで初めて人間の悪役が登場する。

場所編集

  • 森の中の線路と道路
  • アノファ採石場
  • アールズバーグ
  • アールズバーグ港
  • ハーウィック線
  • アールズバーグ分岐点
  • ブレンダム港
  • 海岸の崖
  • ファークァー駅
  • ナップフォード駅
  • 小西部鉄道
  • ティッドマス機関庫
  • トーマスの支線
  • ソドー整備工場
  • 塔型風車(第8シーズン)
  • ハーウィック駅(言及のみ)
  • ソドー博物館(言及のみ)
  • ウィフのゴミ処理場(言及のみ)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。