FANDOM


1953年に英国で制作された、BBC版の『なさけないヘンリー』。

小史編集

1953年5月、英国営放送局「BBC」が『汽車のえほん』の出版社に一通の手紙を送ります。その手紙には、「 3だいの機関車から2話を抜粋して、6月14日と28日にテレビ放映したいと検討している」や「1分あたり1.00ポンドの放映権料を支払う」、「10分の放送時間に収まるよう脚色するかもしれない」などと書かれていました。また、「撮影にはHornbyのOOゲージを改造したものを使用する」、「イラストに出来るだけ似せるが、完全に同じわけではない」とも書かれていました。そこで汽車のえほんの編集長(当時)エリック・マリオットは、完璧主義者のオードリー牧師が「出来るだけ似せる」という事に反発すると思い、BBCに「模型はこちら(出版社)で改造するので模型を送ってほしい」と要請しました。 BBC側は6月10日のリハーサルまでに制作して、スタジオに持参するようエリックに告げました。 模型は、牧師とともにソドー島立体模型地図を作ったP.R.ウィックハム氏を中心に行われました。 6月10日、エリックは改造した模型と鉄道の音が入ったレコードをスタジオに持ち込みました。

6月14日、生放送で「なさけないヘンリー」が放送されました。 オードリー牧師は当時の様子を次のように語っています。


「ナレーションがはじまり、機関車が画面に向かって走やってきたよ。すると、スタッフがレールの分岐点を切り替えるのを間違えて、機関車は見事に脱線してしまったんだ。すると、なんと巨大な手が画面に現れて機関車を線路に戻したんだよ」


また、無関係のジェームスが登場してしまうなど不手際が続いたため、番組は第1回で打ち切られました。

  登場キャラクター 編集

蒸気機関車 編集

参考編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki