FANDOM


エドワードのおてがら(英題:Edward and Gordon/Edward Helps Out)は、第1シーズンの第2話のエピソードである。また、このお話は、原作第1巻『三だいの機関車』の第1話『エドワードのたのしい一日』及び第2話『エドワードとゴードン/いばりんぼうのゴードン』に対応している。

シリーズ前回 トーマスとゴードン
シリーズ次回 でてこいヘンリー

公開 編集

1984年10月9日(英国)

1989年1月29日(米国)

1990年4月10日(日本)

1993年5月18日(ジョージ・カーリン版米国)

あらすじ 編集

ゴードンにチビ呼ばわりされたエドワードは、気分転換に外へ出た。その翌日、丘の途中で貨車を牽いているゴードンが動けなくなったため、エドワードが押して助けてあげたものの、ゴードンはお礼を一言も言わず、ものすごいスピードで突っ走った。

地名 編集

・ティッドマス機関庫

・ゴードンの丘

・マロン駅

登場キャラクター 編集

蒸気機関車 編集

エドワード

日本吹き替え - 高戸靖広

今回が初登場であると同時に、ゴードンにチビ呼ばわりされるが、機関士と助手に「今日は走ってみるかね?」と聞かれた時、初台詞の「ええ、お願いします!」という返事をした。その翌日、前述の事件で立ち往生したゴードンを後ろから押した。

ゴードン

日本吹き替え - 内海健二

今回はトーマスがいるのにも関わらず、エドワードをチビ呼ばわりする。その翌日、貨車を牽いて丘の途中で立ち往生し、エドワードに押してもらう(しかし、登り切っても、お礼を一言も言わず、ただ猛スピードで突っ走っていくだけだった)。

貨車 編集

貨車達

エドワードに場所を入れ替えられたり、ゴードンに牽引された。

人間 編集

エドワードの機関士

日本吹き替え - 田中亮一

エドワードを運転している。ゴードンにチビ呼ばわりされたエドワードに外へ出る事を勧めた。

ゴードンの機関士

日本吹き替え - 田中亮一

ゴードンを運転している。丘の途中で立ち往生したゴードンにやる気を出すよう言う(しかし本人はどうやら嫌がっていたようだ)。

脇役 編集

トーマス

リメイク版では、まだソドー島にいない時の話だったので、登場しない。

ヘンリー

ジェームス

リメイク版では黒い車体だった[1]

原作との相違点 編集

・原作では機関庫でエドワードが涙を流す場面がある。

・原作ではエドワードが客車を繋ぐ場面と、エドワードが苛々しながら、車掌を待つシーンがある。

・原作では冒頭の機関庫で87546号と98462号と赤い機関車が登場する。

トリビア 編集

・主人公であるトーマスに台詞が無い初のお話である。

脚注 編集

  1. この時には台詞があった。

エピソード編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki