FANDOM


ジェームスのあやまち(英題:James and the Coaches/James Learns a Lesson)は、第1シーズンの第8話である。また、このお話は、原作第3巻『赤い機関車ジェームス』の第1話『ジェームスとぼうし』及び第2話『ジェームスとブーツのかわひも』に対応している。

シリーズ前回 ジェームスのだっせん
シリーズ次回 やっかいなかしゃたち

公開 編集

1984年10月30日(英国)、1989年2月19日(米国)、1990年5月22日(日本)、1993年6月9日(ジョージ・カーリン版米国)

あらすじ 編集

ジェームスはトップハム・ハット卿の帽子を台無しにしてしまい、叱られた後、客車を乱暴に扱ってブレーキを壊した。

地名 編集

・ナップフォード駅

・ドライオー駅

・エルスブリッジ駅

・ティッドマス機関庫

・ヘンリーのトンネル

登場キャラクター 編集

蒸気機関車 編集

ジェームス

日本吹き替え:森功至

今回の主役。序盤で、ナップフォード駅にいる乗客達が彼の車体を見て、「素晴らしい機関車だ」と褒めたのがきっかけで、これ以降完全に自惚れ屋になる。

エドワード

日本吹き替え:高戸靖広

今回はジェームスに、客車たちの扱い方を教えるが(しかし後半でジェームスは思いきり客車をぶつけた)、ハット卿の帽子を蒸気で濡らし、そこから逃げようとするジェームスにグイグイと押される。

トーマス

日本吹き替え:戸田恵子

今回はエルスブリッジ駅におり、後にやってきたエドワードとジェームスに声をかける。

客車 編集

急行客車

日本吹き替え:塩屋浩三

エドワードを押して走るジェームスを注意する。

狐色の支線の客車

日本吹き替え:塩屋浩三、里内信夫

中盤でジェームスにぶつけられ、ブレーキが壊れてしまう。因みに、彼らはアニーとクララベルにそっくりである。

人間 編集

トップハム・ハット卿

冒頭でジェームスに、「失敗してもへこたれるんじゃないぞ」と言い、その直後に帽子をジェームスの蒸気で濡らされ、その翌日、ジェームスを厳しく叱る。

ジェームスの機関士

日本吹き替え:田中亮一

ジェームスに、客車のブレーキが壊れた理由を説明する。

ジェレマイア・ジョブリング

日本吹き替え:掛川裕彦

ジェームスの列車の車掌に、靴ひもを貸してほしいと頼まれるが、拒否する(しかしある乗客に「協力すべきだ」と言われ、渋々自分の靴ひもを渡す)。

乗客

日本吹き替え:塩屋浩三

靴ひもを貸そうとしないジェレマイア・ジョブリングに、前述の台詞を残す。

車掌

日本吹き替え:里内信夫

靴ひもを貸そうとしないジェレマイア・ジョブリングに、列車が動かないことを説明する。

ナップフォード駅の駅員

ナップフォード駅にいる駅員。

脇役 編集

ゴードン(言及のみ)

アニー

クララベル

貨車達

トリビア 編集

第7話の回想シーンが流れる。

原作との相違点 編集

・原作ではジェームスとエドワードはゴードンの丘を登っているが、今回は坂を下っている。

・原作ではジェームスが黒い帽子を被った女性をしゃっくり混じりの笑い声で驚かすシーンがあるが尺の都合上カットされている。

エピソード編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。