FANDOM


ディーゼル10は『魔法の線路』で初登場した黄色のディーゼル機関車である。

概説

性格はソドー島の誰もが恐れていたほど狂暴で、初めて訪れたときによほど大暴れしたのかゴードンでさえ、車体を揺らしておびえていた。『魔法の線路』においては最後まで悪役を貫きとおし、レディーとともに同作で有名になった。また当作品ではディーゼル10の搭乗者であったと思われるP.T.ブーマーと呼ばれる悪役が存在したが、尺の都合などで丸々登場シーンをカットされている。

車体にとりつけられているピンチは意思をもっているようでディーゼル10自身がピンチに呼びかけている場面がある。しかしそれは『魔法の線路』での設定であると思われ、それ以降は特にその設定を意識した描写はない。

声優

登場するたびに声優がかわることでも有名な機関車である。

英米
ニール・クローン長編第1作)→マット・ウィルキンソン長編第5作以降)
日本
松尾銀三(長編第1作)→梁田清之長編第2作)→黒田崇矢(長編第5作)→山里亮太長編第6作)→仁科洋平(長編第6作※地上波、第17シーズン以降)

関わりのある機関車・自動車・人物

  • レディー - 「消えた機関車」。共演したのは『魔法の線路』のみ。
  • ドッヂ - 緑色の手下。『魔法の線路』で愛想をつかしてしまい、以降登場しない。
  • スプラッター - ディーゼル10のもう片方の手下。紫色。ドッヂとは双子だと思われる。
  • トーマス -