FANDOM


トーマスのさいなん(英題:Thomas and the Trucks/Trouble for Thomas)は、第1シーズンの第6話である。また、このお話は、原作第2巻『機関車トーマス』の第3話『トーマスと貨車』に対応している。

シリーズ前回 トーマスのしっぱい
シリーズ次回 ジェームスのだっせん

公開 編集

1984年10月23日(英国)

1989年2月12日(米国)

1990年5月8日(日本)

1993年12月26日(ジョージ・カーリン版米国)

あらすじ 編集

客車の入れ替えに飽きたトーマスエドワードに貨車を引く仕事を変わってもらうが、丘の途中で貨車達に突き飛ばされてしまい…。

地名 編集

・ティッドマス機関庫

・ナップフォード駅

・ヘンリーのトンネル

・ゴードンの丘

・エルスブリッジ駅

・マロン駅

・マロン待避線

登場キャラクター 編集

蒸気機関車 編集

トーマス

日本吹き替え - 戸田恵子

前回同様、今回の主役。序盤で前回の仲間にぶつけ、後にエドワードと仕事を交換する。また、初めて貨車を牽引する[1]。終盤では貨車達に押され、マロン駅の待避線にあるバッファーの手前で停車したが、トップハム・ハット卿に貨車について勉強するよう言われた。因みに、このお話に登場するキャラクターの中で最も出番が多い。

エドワード

日本吹き替え - 高戸靖広

序盤で初めて怒り顔を見せ[2]、その後トーマスと仕事を交換する。

貨車 編集

悪戯貨車・意地悪貨車

日本吹き替え - 里内信夫、塩屋浩三

トーマスをゴードンの丘の下り坂からマロン駅の待避線にあるバッファーまで押し続ける。

人間 編集

トップハム・ハット卿

日本吹き替え - 宮内幸平

今回は終盤のみに登場し、トーマスに、貨車について勉強するよう忠告する。

トーマスの機関士

日本吹き替え - 田中亮一

ゴードンの丘を登っているトーマスを応援する。

脇役 編集

以下のキャラクターはセリフなし 及びカメオ出演。

ヘンリー

ゴードン

ジェームス

スティーブン・ハット

トーマスの機関助手

トーマスの車掌

トリビア 編集

・第2話「エドワードのおてがら」及び第5話「トーマスのしっぱい」の映像が使い回し映像として使われている。

リメイク版との相違点 編集

・長編第10作では、原作にもこのお話にも無かった、暴走中のトーマスがヘンリーとすれ違うシーンもあり、同時に第7シーズンの挿入歌「やっかいなかしゃたち!」の違うバージョンの曲が流れる。

脚注 編集

  1. 途中で彼の牽引している貨車の編成が2回も変わり、リメイク版では、今回と違い、無蓄貨車のみの編成になる。
  2. 但しこの時台詞は無し。

エピソード編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。