FANDOM


ハットきょうふじんのたんじょうびは、第5シーズンの第4話のエピソードであり、全話数は第109話。

あらすじ編集

ハット卿夫人の誕生日パーティーが開催される事になった。ところが、ハット卿はその行く先々で色々な災難に見舞われてしまう羽目に。

登場キャラクター編集

蒸気機関車 編集

トーマス

日本吹き替え - 戸田恵子

青い小型タンク機関車。ジョージの運転室から転落し、泥沼に落ちたトップハム・ハット卿を乗せ、パーティー会場へ急ぐ。

パーシー

日本吹き替え - 中島千里

黄緑の小型タンク機関車。何故ハット卿がじーっと雲を見ているか不思議に思うが、その直後に理由が判明する。

自動車 編集

バーティー

日本吹き替え - 緑川光

バス。トーマスとパーシーに、「ハット卿の様子がおかしい」と伝える。

キャロライン

日本吹き替え - 江森浩子

クリケットの選手達用の車として使われていた赤い自動車。ハット卿を急いでパーティー会場へ送っていくも、途中で動けなくなり、ジョージに悪口を言われて傷つく。

ジョージ

日本吹き替え - 平野正人

スチームローラー。故障したキャロラインを見て怒り、更には、「スクラップ置場に行っちまえ!!」と、とんでもない台詞を残すが[1]、途中で泥沼に落ちてしまう。

人物 編集

トップハム・ハット卿

日本吹き替え - 青野武

今回は妻のために急いでいるが、専用の車が使えなくなり、キャロラインやジョージに乗車するも、とんでもない事に見舞われる。また、トーマスの助手が病気らしいので、彼の助手を務めた。

ハット卿夫人

日本吹き替え - 鈴木ふう

この日は自分自身の誕生日である。

ジェム・コール

日本吹き替え - 江川央生

普段はトレバーを運転しているが、今回はジョージを運転している。また、作中では名前を言及されておらず、「運転手」と呼ばれている。

トーマスの機関士

日本吹き替え - 遠藤守哉

今回はハット卿に助手を務めてもらった。

脇役 編集

ジェームス

ハット卿とすれ違う時は、赤いラインの入った急行列車を牽いているが、トーマスとすれ違う時は、何故か貨物列車を牽いていた。

眉毛が繋がっている男性

売店のおばさん

大事な乗客

トリビア編集

  • ナレーションが笑う所もある。
  • キャロラインが喋るのは今のところこのお話が最後。

脚注 編集

  1. しかし、ハット卿は彼を叱っていない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki