FANDOM


フライング・キッパー(ふらいんぐ・きっぱー)は、絵本シリーズ『汽車のえほん』およびその映像化作品テレビシリーズ『きかんしゃトーマス』において登場する架空の列車名。

概要編集

ティドマス港からイギリス本島へ向けて海産物を運搬する夜行の鮮魚貨物列車である。ヘンリーが主に牽引し、2軸鮮魚車で編成される。原作では3回(6巻と日本未発売の27巻・37巻)、人形劇でも3回登場するが、必ず事故が起こり、目的地に到着した事が一度もない。尚、「フライング・キッパー(空飛ぶニシン)」の名称はフライング・スコッツマンのパロディである。

第一次フライング・キッパー事故編集

原作第6巻「フライング・キッパーごう」及び人形劇第1期第19話「フライング・キッパー」では、雪と氷の所為でポイントを切り換える線路が凍り、黄色信号を灯すが事が出来ず、引込み線の中が安全だと思い込んだヘンリーが減速せずに引込み線に進入してしまい、そこに停車していた貨物列車に衝突し、停車していた貨物列車は大破し、ヘンリーは横倒しとなった。 この事故の原因は雪と氷の所為だった為、トップハム・ハット卿は、事故を起こしたヘンリーを責める事はなかった。 この事故によりヘンリーはクルー工場に送られベルペヤ式火室改造される。 なお、この事故の復旧作業にはエドワードとジェームスが使われている。 フライング・キッパーで唯一有蓋車以外の貨車が使用された。5両+ブレーキ車の編成。

第二次フライング・キッパー事故編集

原作第27巻3話(Fish)及び人形劇第4期第84話「さかなにはきをつけろ」では、ダックが補機としてフライング・キッパーの後ろに付き、濃霧の中、最後尾の貨車についていたテールランプを頼りに運転していたが、ゴードンの丘に差し掛かった時にそのテールランプが外れてしまい、列車と離れてしまった。(ゴードンの丘の頂上に着いたとき、ヘンリーが一気に駆け下りることができるように、列車とダックは連結されていなかった)その結果、前を走るヘンリーの列車の速度が低下していた事に気付けずダックが後部の貨車に突っ込んでしまい、後部の貨車が大破した。 この事故の原因は、テールランプの点検をしなかったトップハム・ハット卿の所為だった為、この事故でもトップハム・ハット卿は、機関車達を責める事はなく、事故を起こしたダックに優しく話した。 この事故の復旧作業にはエドワードが使われている。 前述の通り、最後尾にはブレーキ車の代わりにテールランプが使用されている(なお、最後尾を含む後ろ4両は、もう何年も使われていなかった旧式の貨車だった)。10両編成。

第三次フライング・キッパー事故編集

人形劇第5期第119話「みどりのくじら」では、高波で崩れかけていた地盤がフライング・キッパーの通過により完全に崩れ、列車が脱線して海に落ちた。崩れかけていた場所には、危険を知らせる赤旗やトーマスの機関士が付けた赤ランプがあったが、霧の所為で前方が見えず、ヘンリーはそれに気付かず通り、貨車もろとも真夜中の海へ脱線してしまう。尚、この時だけの表現で、ヘンリーが口から水を吐いている。この事故の原因は、完全にヘンリーの不注意だった為、今回ばかりは、ヘンリーもトップハム・ハット卿にこっ酷く絞られる事になった。この事故の復旧作業はトーマスとクランキーが使われた。朝になって、海から引き上げられたヘンリーは魚が沢山積まれた船に乗せられた事で子供達から「緑色の鯨だ」「怪物だ」とからかわれた。編成がはっきりしておらず、港を出発して信号所を通過するまでは11両+ブレーキ車の編成だったが海辺の線を走っているときは9両+ブレーキ車の編成になっている。

原作37巻3話(Sliding Scales)では、ヘンリーが工場に行ってしまったため、ジェームスが代わりに牽くことになったが、作業員が魚の入った箱を線路に落とし、魚の油が線路上に残ってしまい、車輪がスリップして出発できなくなってしまった。その後、線路を洗いジェームスは出発できたが、大幅な遅れが生じてしまった。なお、この列車が目的地に到着したかは書かれていない。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki