FANDOM


ミスティアイランド レスキュー大作戦!!』( - だいさくせん)は、『きかんしゃトーマス』の長編シリーズ第5作目の作品である。

概要

伝説の英雄』に続くフルCG長編の2作目の作品である。トーマスがソドー島を飛び出し、謎の島「ミスティアイランド」で3台の機関車と共に繰り広げる冒険の物語が中心となっている。

前作に比べ登場キャラクターが多く、オープニングテーマもシリアスである。また、主題歌「Misty Island Rescue」は、ミスティアイランドのイメージに合ったカントリーミュージック風の曲である。

本作では、機関車を愛するトップハム・ハット卿の鉄道マンとしての面も強調されている。

日本での公開

日本では、2011年4月23日より全国の劇場で一斉ロードショーされた(一部劇場を除く)。

オードリー牧師生誕100周年に因み、双子の新キャラ「バッシュ」「ダッシュ」の声優に、漫才コンビ「オードリー」がゲスト声優として起用された。

また、パンフレットも前作より内容の濃い物になり、関連グッズも多く販売された。

同年秋にDVDが発売され、2012年1月9日にはNHK Eテレにて放送した。

あらすじ

ソドー島では、事故車や遭難者などの救助を目的としたレスキューセンターが建設されていた。レスキューセンターの建物には「ジョビの木」という丈夫な木材が使われている。トップハム・ハット卿は「1番よく働いた機関車に木を運ぶ仕事を与える」と命令を出すが、ディーゼルはその命令を破って勝手に木を運んでしまう。スピードを上げたディーゼルは事故を起こして木を橋から落としてしまうが、ディーゼル自身はトーマスに救助される。

ディーゼルを助けたトーマスは褒美として、イギリス本土から船に乗ってジョビの木を取ってくる仕事を与えられる。ところがその夜、トーマスの乗った艀と船を繋ぐ鎖が切れてしまう。

翌朝トーマスが着いたのは、霧に包まれた謎の島「ミスティアイランド」だった。彼はそこで3台の機関車と出会う。果たしてトーマスは、無事にソドー島に帰る事が出来るのだろうか…。

用語

ジョビの木(Jobi wood / Jobi logs)
レスキューセンターの建物に使われている木。とても丈夫で貴重な木で、日本とミスティアイランドでしか採れない。

地名

ミスティアイランド(Misty Island)
ミスティアイランド」を参照。
レスキューセンター(Sodor Search and Rescue Center / the Search and Rescue Center)
ソドー島に新しくできたレスキューセンター。事故車や遭難者の救助を目的として建設された。イギリス本土に本部があるらしい。建物には丈夫なジョビの木を使っている。これまでレスキューセンターに配属されたキャラクターは、建設当初(本作)→ハロルド、ロッキー、キャプテン、第15シーズン→ブッチ、長編第6作→ベル、フリン、である。
トンネル(Misty Island tunnel / the tunnel)
レスキューセンター付近に入り口があるトンネル。海底トンネルで、ミスティアイランドまで繋がっている。いつ頃、誰が掘削したのかは不明。距離も正確には分かっていないが、トンネルを走ったウィフ、パーシー、トーマスが相当疲れていた事から、だいぶ長いと思われる。トンネルの途中には何故か固い壁があったが、ウィフとパーシーによって破壊された。長く使われていなかったトンネルだが、レスキューセンター開設と同時に正式オープンした。それ以来、ソドー島ミスティアイランドを結ぶ重要なトンネルとなった。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。