FANDOM


小さな機関車たち(汽車のえほん22) 』(ちいさなきかんしゃたち きしゃのえほん22)(原題 Small Railway Engines)は、低学年の児童向け絵本シリーズ「汽車のえほん」の第22巻である。なお当巻に登場する「ちんまり鉄道」は舞台・キャラとも独立性が高い為、併せて解説する。

概要 編集

イギリスウィルバート・オードリー牧師1967年に発表した汽車のえほんシリーズの第22巻。4話の短編作品を収録した低学年の児童向け絵本。挿絵はガンバー&ピーター・エドワースが担当。ポプラ社から1980年11月に日本語訳が出版されていたが、2004年頃に絶版。2010年12月にミニ新装版が発売された。

成立の過程と作品背景編集

1945年から、ほぼ毎年に1巻ずつ続巻してきた本シリーズの第22巻。当時オードリー牧師が熱心に活動していた保存鉄道の援助の一つで、レーブングラス・アンド・エスクデール鉄道の援助活動の一部として執筆された。同鉄道をモデルとした15インチゲージのアールズデール鉄道(ちんまり鉄道)の機関車たちが登場する。

収録作品編集

  • 線路のじゃり(Ballast)
  • 目には目を(Tet for Tat)
  • マイクのきてき(Mike's Whistle)
  • やくにたつ鉄道(Useful Railway)

ちんまり鉄道編集

正式名称はアールズデール鉄道 (Arlesdale Railway)。22巻以降にも登場する(第34巻と38巻)が、日本で読める書籍では22巻の登場が殆どとなっている為、便宜上この項目で解説する。ミッド・ソドー鉄道(デュークの鉄道)の廃線跡に再建され、砂利の運搬と観光客輸送を行っている。軌間15インチ(381mm)のミニチュア鉄道だが、イギリスにはこのようなミニチュアサイズの公共鉄道が数多く存在している。クリストファー執筆の新シリーズでは、運転室に無線機まで搭載している。テレビシリーズのCG化で技術上の制約は無くなったため長編11作で登場した。なお、同じ原作から2話製作されたエピソードがあることからもストーリーの流用や地名・キャラクター名の重複はこれまで映像化の障害にはなっていない。

Ravenglass Eskdale Rly 1981

ちんまり鉄道のモデルとなったレーブングラス・アンド・エスクデール鉄道

蒸気機関車編集

バート (Bert)

青いボディー。ふとっちょ牧師をずぶ濡れにした。レーブングラス・アンド・エスクデール鉄道の「アート」がモデル。

マイク (Mike)

自分の赤色が気に入らないらしい。珍しい事に貨車が好きで客車が嫌い(ちんまり鉄道の貨車たちは基本的に行儀がいいらしい)。はじめは青いボディーだった。上記鉄道の「マイト」がモデル。

レックス (Rex)

緑色のボディー。3台とも本土の廃止された鉄道から、ちんまり鉄道の開業にあわせて一緒に転入して来た。はじめは青いボディーだった。上記鉄道の「エスク」がモデル。この3台はヘンリーやゴードンの姿をそのまま縮めた様なデザインとなっている。

ジョック (Jock)

原作第34巻『Jock the New Engine』より登場した。黄緑色のボディー。前述の3機より煙突が長い為、エドワードやジェームズと似たデザインに見える。マイクと喧嘩になったことがある。上記鉄道の「ノーザン・ロック」がモデルで、修善寺虹の郷には新造された全く同じ機関車「ノーザン・ロックII号」も存在する。

ディーゼル機関車編集

フランク (Frank)

原作第34巻『Jock the New Engine』より登場した、灰色のボディーの機関車。蒸気機関車ばかりもてはやされるのを不公平に思っている。上記鉄道の「パーキンス」がモデル。

ブリスター1号&2号 (Blister I&II)

設定上のみで物語に登場しない。2台とも同型の双子の機関車。黒いボディーで、顔の周りには警戒色(黒と黄色の縞)が入っている。気難しい性格で、エンジンをかけるのに手間取るらしい。上記鉄道の「シリル」がモデル。

シグリッド・オブ・アールズデール (Sigrid of Arlesdale)

設定上のみで物語に登場しない。青のツートンのボディーで、極めて珍しいBo-Co-Boの軸配置が特徴。上記鉄道の「シーラフ・オブ・エスクデール」がモデル。

その他の車両編集

客車

オープンと屋根付きの車両がある。

底びらき貨車

貨物輸送も行う関係上、この鉄道にも存在している。しかし機関車達の言う所によると、大変行儀がいいらしい。これまでの原作に出て来た貨車達とは大違いである。

人物編集

ちんまりじゅうやく(Small Controller)

本名はファーガス・ダンカン (Fergus Duncan)。髭を蓄えた大柄な紳士だが冗談で「ちんまりじゅうやく」と呼ばれている。スウェードのジャケットにチェックのズボンと、お洒落な井出達だが、チョッキはふとっちょの局長と同じ黄色。

ふとっちょぼくし(the Fat Clergyman)

原作者オードリー牧師の友人テディ・ボストン牧師(1924-1986:フルネームはレヴランド・エドウィン・リチャード・ボストン)のこと。作中ではバートが「でぶっちょぼくし」と呼んでいる。テディ・ボストン牧師は原作者以上の鉄道愛好家で、自分の教会の農園内に本物の蒸気機関車を走らせるなど、信じられないような鉄道コレクションを持っていた。

ほっそりぼくし(Thin Clergyman)

原作者ウィルバート・オードリー牧師本人の事。作中ではバートが「やせぎすぼくし」と呼んでいる。

局長の鉄道の車両編集

本巻の内容で特筆すべきもののみ紹介。

  • ドナルドとダグラス どちらか特定できないが、バラストクリーナーと作業中の挿絵がある。
  • ダック ダグラスに代わって砂利の積み込み作業所へ行く。
  • ジェームズ
  • ゴードン
  • ヘンリー
  • バラストクリーナー この巻のみに登場。何故か眼鏡をかけている。電源車が描かれていないのはリアル志向のエドワーズにしては珍しい。しかし一目見て何をする作業車か子供でも分かる挿絵の力は、高いものと評価できる。

その他編集

  • この巻では機関車の顔が肌色に描かれている挿絵が多くある。この現象はエドワーズの絵に特有で、他の巻でもいくつか見られる。
  • 15インチ鉄道は、静岡県伊豆市の「虹の郷」にも存在する。ただしこちらは公共鉄道ではなく遊覧鉄道扱い。バートのモデルになった同型機も存在するが、力が弱く予備機状態である。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。