FANDOM


汽車きしゃのえほんは、ウィルバート・オードリーと息子・クリストファーが作り上げた、イギリスの架空の島・ソドー島で活躍する顔と意思を持った機関車や自動車などと、それに関わる人々を描いた絵本。テレビシリーズ「きかんしゃトーマス」の原作にあたります。

日本での翻訳・出版の経緯

1965年1月から1967年7月まで、オックスフォード大学東洋研究学部日本研究科講師兼留学生として、清水周裕は家族と一緒にイギリスに在住していました[1]。オックスフォードの本屋の店先で『The Railway Series』を見つけ、それ以来親子[2]で愛読していました[3]

時を同じくして桑原三郎も1965年4月から翌年2月まで、イギリスに留学していました[1]。桑原は時々、清水の家庭に招かれて食事を共にしていたようです[4]

1972年4月から7年間、清水は桑原の依頼で、慶應義塾幼稚舎で英語を教えました。この時期に、清水は桑原に『The Railway Series』の共訳を提案しました。桑原の快諾とポプラ社の協力を得て、翻訳作業が始まり[1]、1973年11月9日[5]に『汽車のえほん』として出版されました。

また黒岩源雄による鉄道用語についての監修を得た[3]ことで、英米で単語の相違が激しかった鉄道用語の翻訳が「はつらいしんごうき(発雷信号機)」「かんしょうき(緩衝器)」などと正しく訳されています。

刊行リスト

  1. 3だいの機関車
  2. 機関車トーマス
  3. 赤い機関車ジェームス
  4. がんばれ機関車トーマス
  5. やっかいな機関車
  6. みどりの機関車ヘンリー
  7. 機関車トビーのかつやく
  8. 大きな機関車ゴードン
  9. 青い機関車エドワード
  10. 4だいの小さな機関車
  11. ちびっこ機関車パーシー
  12. 8だいの機関車
  13. ダックとディーゼル機関車
  14. 小さなふるい機関車
  15. ふたごの機関車
  16. 機関車トーマスのしっぱい
  17. ゆうかんな機関車
  18. がんばりやの機関車
  19. 山にのぼる機関車
  20. 100さいの機関車
  21. 大きな機関車たち
  22. 小さな機関車たち
  23. 機関車のぼうけん
  24. 機関車オリバー
  25. きえた機関車
  26. わんぱく機関車

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相・補遺
  2. 清水周英、1963年生まれ。慶應義塾大学ラグビー部でスタンドオフとして活躍した選手。1985年のラグビー日本選手権でトヨタ自動車を破って優勝しました。
  3. 3.0 3.1 旧版『ふたごの機関車』「訳者紹介」
  4. 桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相
  5. ポプラ社『きかんしゃトーマスの本』「2013 きかんしゃトーマスのカレンダー」

外部リンク