FANDOM


スタッフ
原作 ウィルバート・オードリー

クリストファー・オードリー

監督 デヴィッド・ミットン
プロデューサー デヴィッド・ミットン

ロバート・D・カルドナ

音楽 マイク・オドネル

ジュニア・キャンベル

制作会社 ブリット・オールクロフト社
日本語版スタッフ
プロデューサー 安達みき子
翻訳・脚本 栗原とみ子

笹本妙子

演出 菅野温夫
キャスティング協力 青二プロダクション
放送局 フジテレビ
日本語版総合制作 フジテレビ


概要 編集

1984年10月に英国で放送され、日本と米国では1990年に放送[1]

記念すべき最初のシーズン。

ディーゼル機関車は登場せず、トーマスからトビーまでのレギュラー蒸気機関車が登場。

日本では1990年にフジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』で放送された。

全ての話がウィルバート・オードリーの原作から映像化されたのは今の所このシーズンのみ。

このシーズンの一部エピソードがフルCGでリメイクされ[2]、長編第10作『トーマスのはじめて物語 ~The Adventure Begins~』として公開された[3]

エピソード 編集

第1話 トーマスとゴードン
第2話 エドワードのおてがら
第3話 でてこいヘンリー
第4話 ヘンリーだいかつやく

[4]

第5話 トーマスのしっぱい
第6話 トーマスのさいなん
第7話 ジェームスのだっせん
第8話 ジェームスのあやまち
第9話 やっかいなかしゃたち
第10話 ジェームスのうれしいひ
第11話 とりのこされたしゃしょう
第12話 トーマスとさかなつり
第13話 トラクターのテレンス
第14話 トーマスとバーティーのきょうそう
第15話 おおきなきかんしゃとてんしゃだい
第16話 きかんこのもめごと
第17話 パーシーにげだす
第18話 ヘンリーのせきたん
第19話 フライング・キッパー
第20話 きてきとクシャミ
第21話 トビーとハットきょう
第22話 トーマスとけいさつかん
第23話 きたないきかんしゃ
第24話 ゴードンみぞにはまる
第25話 あなにおちたトーマス
第26話 トーマスのクリスマス・パーティー

登場キャラクター 編集

キャスト
登場キャラクター 日本CV
ナレーター 森本レオ[5][6]
トーマス 戸田恵子
エドワード 高戸靖広
ヘンリー 堀川りょう
ゴードン 内海賢二
ジェームス 森功至
パーシー、クララベル、ブリジット・ハット 中島千里
トビー、テレンス 川津泰彦
アニー、スティーブン・ハット 中友子
ヘンリエッタ、キンドリー婦人 中谷ゆみ
緑の急行客車 里内信夫

塩屋浩三
増谷康紀

狐色の支線客車 里内信夫

塩屋浩三
小林俊夫

いたずら貨車・いじわる貨車 里内信夫

塩屋浩三

バーティー 緑川光
トップハム・ハット卿 宮内幸平
ジェレマイア・ジョブリング、警察官 掛川裕彦
執事 里内信夫
ハット卿夫人 (台詞なし)
有名な小説家 (カメオ出演)
リンゴ・スター (カメオ出演)
アイアンデューク (絵のみ)


次シーズン:第2シーズン

脚注 編集

  1. 日本では1990年にフジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』で放送された。
  2. アーク・プロダクションより。
  3. なお、原作にも今シーズン中にも無かったシーンが多数増やされたり、相違点が存在したりする。
  4. 長編第10作ではエドワードの言及でのみ公開された。
  5. イギリス版とアメリカ版では、元「ビートルズ」のリンゴ・スターが担当。
  6. アメリカ版では、ジョージ・カーリンも担当した。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。