FANDOM


2002年9月に英国、日本で放送開始したきかんしゃトーマス第6シーズン

概要

2002年9月に英国や日本で放送された。このシーズンから重機のキャラクター達が初登場し、ハーヴィー、ソルティー、エリザベス等が登場した。重機のキャラクターの登場はスピンオフシリーズ制作の為であったが、制作会社がヒット・エンターテイメントに変わった為お蔵入りとなった。(後に映像ができていた13話分に音声をつけソフト公開された。これについては「Jack and the Sodor Construction Company」のページ参照)模型やセット等は、新たに長編第1作から引き続き流用された。このシーズンから16:9のスクイーズ画面で収録されるようなったが日本では4:3のスタンダードで放送された。 アレック・ボールドウィンがナレーターを担当する最後のシーズン。 ブリット・オールクロフトがプロデューサーとして制作に関わる最後のシーズン。ガレイン(トーマス)社で制作される最初で最後のシーズン。同時にHit社が関わらない最後のシーズンである。日本では2002年12月~2003年でフジテレビ系の『ポンキッキーズ21』で放送された。

エピソード

131. ハーヴィーのはつしごと
132. ソルティーのひみつ
133. たかがゆき
134. ねむれないクランキー
135. ジャックフロスト
136. トビーとこひつじ
137. フォッグマン
138. ジェットエンジンのトーマス
139. うんのわるいハロルド
140. パーシーのチョコクランチ
141. ふたごのけんか
142. やりすぎたジャック
143. こまったときのともだち
144. せかいさいきょうのきかんしゃ
145. まんなかのきかんしゃ
146. すべったゴードン
147. ヴィンテージトラックのエリザベス
148. くるまどめのもんだい
149. やくにたつきかんしゃエドワード
150. どろんこダンカン
151. ラスティーのおてがら
152. かわったきてき
153. トーマスとパーシーとキーキーごえ
154. パーシーとゆうれいこうざん
155. ジェームスとあかいききゅう
156. こわがりなきかんしゃ

スタッフ

原作 ウィルバート・オードリー/クリストファー・オードリー
監督 デヴィッド・ミットン
プロデューサー ブリット・オールクロフト/デヴィッド・ミットン
音楽 マイク・オドネル/ジュニア・キャンベル
製作会社 ガレイン (トーマス)社
日本語版スタッフ
企画 小畑芳和/荻野繁
プロデューサー 平野毅/増當一也/伊藤幸弘
翻訳・脚本 栗原とみ子/笹本妙子
演出 菅野温夫
キャスティング協力 青二プロダクション
放送局 フジテレビ
日本語版総合制作 フジテレビKIDS